IN THE PAST 展示会



Miki Kawamura and

Manami Textile Jewelry


⇨会期:2022年3月19日㊏〜4月3日㊐

⇨時間:正午〜夕方6時まで

⇨ところ:in the past™

 大牟田市本町1-2-19 中原ビル1F

⇨休廊:3月23日㊌、30日㊌



以下、DM内容です。


春分を迎える頃。「編む」をテーマに、河村美琴さんの「裂き編みバッグ」と、細い糸を編んで作る「manami textile jewelty」の展示会を行います。裂き編みバッグは、色を赤、ヴァニラ、マスタード、ダークパープル、ブロンズの5色に限定し、カラー毎に10種類のバッグを作っていただきます。manamiさんは3年ぶりのご紹介ですが、細い糸がどうやったらこの形になるのかしら?といつも手仕事の美しさに見とれてしまいます。糸なのでつけ心地も、つけていないように軽いのが特徴です。今回、コロナ禍でも彩りのある物で、少しでも楽しんでいただきたいという愛美さんの想いを込めてカラフルなお色のものが届きます。春の天気のように、お二人の作品で元気になっていただけたらと思います。



****


◉期間中、フリンジオーダーを承ります


これまで持っていたバッグ、または新しく購入するバッグにフリンジをつけたい方へ。フリンジの生地を選んでもらいカスタマイズ出来るオーダー会です。美琴さん在廊日は、その場でやってもらうことも可能ですし、期間中であれば生地見本から選んでオーダーを受けることも可能です。フリンジをつけるだけで使っていたバッグが生まれ変わります。 ※バッグのサイズによって料金が異なります。


****

●かわむらみき

裂き編み作家。大牟田市在住。編物講師をしていた母の影響で、2005年より編物作品を手掛け、2011年より裂き編みを本格始動。形・ 色合わせなど、彼女ならではの独特な視点や観点で、ファッションアイテムとしてのバッグを提案しています。


●manami textile jewelry

「道端の植物、空に浮かぶ雲。雨の雫や水たまり、広がる波紋。日常の自然の中からイメージをもらい、糸が葉や雫に 自然と形を変えていくような感覚で、一本の糸で編んでいます」というmanamiさん。細い糸を編んで作るテキスタイルジュエリーです。


****


【ご協力のお願い】

●入店の際はマスクの着用をお願いいたします。 ●入り口のアルコールをご利用ください。 ●混み合う場合は、状況に応じて入店人数を制限させていただく場合がございます。予めご了承ください。 みなさまに安心してご来店頂けるよう運営してまいります。どうぞご協力のほど、宜しくお願いいたします。




閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示